コドモと一緒に楽しくエイゴ


by littletreasure

<   2010年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

天使が舞い降りた

f0203482_4145329.jpg
ある日曜日の昼下がり、子供と3人、田んぼにある藁を探してガタゴト道をさまよっていました。なぜ藁を探していたかというと、リトルトレジャーズのアクティビティで使う予定だったからです。皆さん3月のアクティビティで煉瓦、木、藁と触ったのを覚えていますか?そう、あの藁です。

今の時期、田んぼにあるのは、稲の根っこの部分だけです。なぜなら、もうすぐ田植えの季節で脱穀が始まるからです。あぜ道をさまよっていたときは、田んぼをみまわしてもないので諦めて、枯れた草をちぎっていたのです。

そこへ天使が現れたのです。まあ、実際は農家のおばちゃんが通りかかったのですが。
おばちゃんが「何してるの?」と話しかけてきたので事情を話すと「今の時期は、もう藁はないよ。家も秋に刈りいれて、このまえ燃やしちゃったからな~。でもあるかもしれないから家にかえってみてみるわ。」といって、もう一度現れた時には、手に藁を持って現れたのです。そのときのおばちゃんの神々しかったこと。そうやってあの藁は、みなさまの手元に届いたのです。

たまたま入った道で、たまたま農家の人に出会い、たまたま藁が残っていたなんてすごい奇跡だと思いませんか?やっぱり世の中に天使はいるのです。と私は信じたい。
f0203482_4162482.jpg


本年度は、今月で終わりです。卒業された方いままでリトルトレジャーズを支えていただきありがとうございました。とくに幼稚園、保育園に行くお友達にとっては、大きく生活もかわり新しい出会いが増えますね。楽しんでください。来年度も継続される方、ことしからインストラクターも増えて、ますますパワーアップするサークルを宜しくお願いします。
[PR]
by littletreasure | 2010-03-28 04:22 | Mioの日記

ご飯さえ…

色々な料理研究家のレシピを見るのが好きで、本屋さんに行くと必ずレシピコーナーに立ち寄ります。見た目は美味しそうでも作ってみると???なものあり、やはり食の好みは千差万別だなーと実感します。

その中で、これはレシピと呼ぶべきか・・・確かに調理方法は載っているけれど、それよりも著者の訴えていることが心にストンと入ってくるのが
粗食のすすめ
です。

最初に手に取ったのは何年前か…・
覚えやすい、かつ親しみやすいレシピばかりなので作っているうちに覚えてしまい、もう手順を確認するために見ることもほとんどないけれど、迷った時に助けを求めて読みます。
迷いとは…
三歳になるわが愛息、体の90%はご飯、10%は納豆でできているんではないのか?と思うほど納豆ごはんしか食べません。あ、たまに具なし焼きそば。
何食べたい?と聞くと納豆ごはん。
おかずを並べて「御飯だよー」と声をかけると「納豆は?納豆は?」と、出てくるまで聞きます。
そしてひたすら食べる…最高6回お代わりしたことあります。その時は納豆を3パック食べました。
ブロッコリーやトマトはパスタソースにすれば食べますが、お肉はどんな小さい肉片でも許しません。
もう少し野菜を食べてほしいな、お肉やお魚も食べてほしいな…と色々工夫しますが親の心子知らず。
パクパクと肉団子を食べるマブダチAちゃんが羨ましいったらありゃしない。

が、そんな迷える子羊を救ってくれるのがこの本。
詳しくは省きますが、要するに子供が御飯だけ食べるのは至極自然なこと。
それだけでOKですよお母さん!と言っているのです。大胆な端折り。
手によりをかけたご飯を無視されても、お弁当のおかずを残されても、子供はいたって元気。
それが一番だなーと、ふと自己満足のために子供に強要していたなあと気づかせてくれます。

お子さんが偏食で…というママ、一度シンプルな考えに戻ってみるのもいいかもしれません。
何冊か著書を持っているので、ご希望の方にはお貸ししますよ!

※ちなみに・・・・
幕内さんが絶対ダメ!と言っているスナック菓子、普段与えてないせいかお友達が食べていると奪うほどの執着を見せます。
バランス取れてるんだかいないんだか。
[PR]
by littletreasure | 2010-03-04 21:53